ある意味被害者

ES細胞のときは度肝抜かれて、、、、、 この人、、、日本にこんな人がいるんだと誇らしげに思った。 それが、、、たった、一人の勝手な判断する部下が勝手に論文だして、

笹井氏が確認する前に公になってしまって、、、、 ある意味被害者なのかもしれない。 これで、小保方、実験失敗したら、 ヤミ金 対応「笹井氏が亡くなったことがショックで、、、」とか言ったら、 ほんと、こいつ許さん。 まぁ、200回も成功したんだから、出来るはずなのだけど。
ただ、科学はほんと、できたりできなかったりする場合がおおい。
場所が変わるだけでできないことも沢山ある。 それはそれで結果として成り立つ。やっぱり再現性は得られないという結果。
実験は失敗重ねて何ぼの世界なんです。 だから、STAPがなくてもあっても別にいいんですよ。 再現性がないとわかれば、だれかが、再現性が確認できるように実験してくれる人が出てくる。 でも、今の理研は特許のことばかり考えている。 そして、それに対して、もしSTAPがなかったら、すみませんで済むことなんだとぼくは思うが、 追い込まれた笹井氏はそこまで余裕がなかったのだろう。