ウクライナ

 続いて佐藤優氏の講演があり、鈴木代表の要請を受け、ウクライナ事件の裏と本質を語った

佐藤氏は現在のウクライナ政権がナチスの流れを組む ファシスト政権であること、ロシアがウクライナのガス供給を止めたのは政変以前に約2兆円に及ぶガス代金の滞納によるものであること

ウクライナ地域に於 ける民族問題とウクライナ人とロシア人の違いは実質言語の違いであり、新政権が新政府に於ける公用語をウクライナ語と定めたことにより、ロシア語住民が公 務員等多くの職を失うことから現在の抗議行動があることを説明した。

 そして強調したことは日本は日本の国益に沿った外交をしなければならないと説き、「ロシアは国連憲章で謳う領土拡大禁止論を鑑みなければならな い、そして歴史を顧みなければならない、ロシアがウクライナをロシア領土とするなら北方領土を4島のみならず全千島を日本に返還する論理となる」とロシア に好意的な思考に立ったうえでの考えも示した