チアミン不足

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く悪影響を及ぼす物質を身体の内側で解毒し、肝臓の動きを強める能力が分かっています。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、手や足がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫などがよく訴えられ、病状が進むと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も併発する可能性があるそうです。

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人間の体をがんから護る働きを持つ物質を生成するための型ともいえる遺伝子が異常をきたすことで罹患すると言われています。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で小さな子どもによく起こる病気です。強烈な耳痛や38度以上の発熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(じろう)など多岐に渡る症状が起こるのです。

アルコール、お薬、増粘剤を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素によって分解して無毒化する作用の事を解毒(げどく)と呼び、肝臓が果たしている代表的な任務のひとつなのです。

コメントを残す