メニエール

めまいは起こらないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみをいつまでも繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」というような場合があることは意外と知られていません。
男性だけにある内臓の前立腺は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大きく関連していますが、前立腺に現れたがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)に影響されて大きくなります。
患者が増えつつある逆流性食道炎は、4〜5日くらい服薬すれば、大抵、9割近くの人の自覚症状は治まりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応そのものが癒えたわけではないので注意が必要です。
学校など大規模な団体生活をするに当たって、花粉症の症状が主因で皆と一緒に明るく活動できないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
内臓が脂肪過多になっている肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2〜3項目に当て嵌まる状態を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しています。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素の正常な生成活動を促しているのではないかという事実関係がわかってきたのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内における脂肪が占有するパーセンテージのことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という計算によって算出することができます。
素人が外から観察しただけでは骨を折ったかどうか自信がない時は、痛めてしまったところの骨を注意しながら触れてみて、その部分に激しい痛みが走れば骨折の可能性があります。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈りゅう」という血管にできる不要な瘤(コブ)が裂けてしまうことが理由となって発病する深刻な脳の病気だということを多くの人が知っています。
我が国における結核への対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に拠っておこなわれてきましたが、56年後の2007年から他の数ある感染症と供に「感染症法」という名称の法律に沿って実行されることとなりました。
マスクが欠かせない花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの様々な植物の花粉が元凶となり、クシャミ・目の痒み・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を呈する病気だということができます。
触れ合うことで、高齢者がセラピーアニマルをとても愛おしく感じる時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されて、ストレス緩和や精神の癒しなどに繋がっています。
アルコールをクラッキングするという効果のあるナイアシンは、辛い宿酔によく効く成分です。辛い二日酔いの元凶物質だといわれるエタナールという物質の無毒化に力を発揮します。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さは少しずつ聴力が低下するものの、大体は還暦を超えてからでないと聞こえの悪化をしっかり認識できないものです。
70代以上の高齢者や慢性的な持病を患っている人などは、殊更肺炎に罹りやすく治療が長引くと言われているので、予防策の実施や迅速な治療が肝要なのです。