事故

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈大動脈バイパス手術」という双方の技法が標準的に用いられています。
バイク事故や高い所からの落下など、かなり強い負荷がかかった場合は、複数の場所に骨折がもたらされたり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、他の内臓が損傷してしまうこともあり得ます。
流感、即ちインフルエンザに対応している予防方法や医師による処置といった類の必ず行う措置自体は、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも一緒なのです。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、普通は腹痛・悪心・下痢を伴う位で済みますが、細菌感染によるものの場合は酷い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが通例だといえます。
基礎代謝量(kcal)とは目覚めている覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに外せない最低限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
普通ならば骨折しない程度のごく弱い力でも、骨の一つのポイントだけに幾度も繰り返し途切れることなく力が加わってしまうことにより、骨折が生じてしまうことがあるので注意しなければいけません。
拡張期血圧90以上の高血圧が長期間続くと、体中の血管に大きな負荷がかかった挙句、身体中のありとあらゆる血管に障害が発生して、合併症になってしまう確率が高くなると言われています。
常識的に水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏にみられる病気だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけに留まらず、体中どこにでもうつってしまう可能性があるので気を付けましょう。
塩分と脂肪の摂り過ぎをやめて運動に努め、ストレスを溜めすぎないような生活を続けることが狭心症を招く動脈硬化を予め防止するポイントだといえます。
1回永久歯の周囲を覆っている骨を減らしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、原則炎症が和らぐことはあっても、骨が元通りに戻るようなことは有り得ません。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体内における脂肪が占有している度合いで、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式によって算出することができます。
近年患者数が増加している花粉症とは、森林の杉や檜、蓬などの虫によって媒介されない花粉が素因となって、クシャミ・皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの辛いアレルギー症状を主訴とする病気だと広く知られています。
子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると幅があって短くなっており、かつ水平に近いため、雑菌が進入しやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎になりやすいのは、この作りが関係しています。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保有していない方でも取り扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスが指示してくれる通りにおこなうことで、心臓の心室細動の緊急処置の効果をもたらします。
人間の耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに区別されますが、中耳の辺りにばい菌やウィルスなどが付き、炎症がみられたり、液体が滞留する症状が中耳炎なのです。