公私混同

「うーん、マンダム」という整髪料会社のCM(元々は『丹鶴』という会社だった が、このCMが大ブームになり社名を変えた。そう、マンダムである)などによって日米で人気の俳優になった。

映画業界でブロンソンが語り草になっているいくつかの逸話がある。
それは、極度の『公私混同』。 映画祭に招待されれば子供たちと妻を連れて主催者側と揉めたり、自分の映画の音楽を子供に作らせる等々、思わず 蟹通販人気「おいおい……」と言いたくなるほど公私混同ぶりであった。 しかし、最初からこうではなかった。 元々ブロンソンには妻がいた。
ところが、売れ出し始めたころにジル・アイアランドという人妻と恋に落ち、お互いバツイチながらも電撃結婚。 自分とジルとの子供で一気に五人の父親になった。 二人の熱愛ぶりは先の逸話以上でブロンソンが出る映画にはほぼ確実にジルが出ている。 それほど、彼女を愛していた。 故にジルが九十年に五十四歳と言う若さで亡くなるとブロンソンは絶望し、彼女との思い出の島を買い取って隠居生活を始めた。