前立腺

男性にしかない前立腺はその成長や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が非常に深く関連しており、前立腺にできてしまった癌も同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて肥大化します。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最もかかりやすい中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。強烈な耳の痛みや38度以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などの様々な症状が発生するのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植術(CABG)」の2つの異なる施術が頻繁に活用されています。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖質、細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこれらのような体をキープするために外すことのできない成分までもを減少させてしまっている。
過飲過食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身のストレス、老化というような複数の原因が揃うと、インスリン分泌が衰えたり、機能が鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病します。
鍼灸のハリを痛みの発生源に刺す、というフィジカルな程よい無数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという通称のいわば電気信号の伝達をもたらすと考えられているようです。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が満了してから4週間後には、市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に変更される飲み薬もあるほど、ジェネリックは世界で浸透しているのです。
子どもの耳管の構造は、大人のそれに比べて太めで短い形であり、またほぼ水平になっているため、細菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方が急性中耳炎になりやすいのは、これが関わっています。
トコトリエノールの作用としては抗酸化機能が一段と有名だと思いますが、更に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えるということが確認されています。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が出ることがあるのでさほど珍しい疾病ではありませんが、発作が何度も繰り返して起こるケースは危険だといえるでしょう。
お年を召した方や慢性的に病気を患っている方などは、殊に肺炎を発症しやすくなかなか治らないというと言われているので、予防策の徹底やスピーディな治療が肝要なのです。
アルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、宿酔に効きます。辛い宿酔の要因だと考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質の無毒化にも携わっています。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促進するという働きが特に認知されており、血中のCa濃度を調節して、筋肉の動き方を適切に操作したり、骨を作り出します。
アルコール、薬、化学的な食品添加物等を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒と呼び、肝臓が果たしている非常に大切な活動の一つだということは間違いありません。
20代、30代で更年期になるなら、医学的な用語で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という病を指します(この国の場合は40才未満の女の人が閉経してしまう状態のことをPOFと呼んでいます)。