努力は報われる。

もともと自民地盤の土地柄、相手候補は自民、公明、日本一の推薦を受けているので、またも惜敗かと思ったものだ。

努力は報われる。

知多第二(定数1)は、とんでもないことが起きた。
現職の自民候補に民主候補が挑戦する形で選挙戦が始まるかに思えたが、連合の推薦を受け基盤を決めたあと、
「民主では戦えない」
として、大村知事の日本一に不倫調査 福島鞍替えしたことから戦況が一転。
連合の組織票もかなり自民候補に流れたようだ。
ただ当選したさだけで選挙をしても負ける見本のようなものだった。

このなかで、民主候補はふたり落選したが、大府の場合はもともと自民が圧倒的強さを持った土地柄、民主への逆風もあって、仕方がないとも言える。
惜しまれるのは知多市である。
日頃の議会報告会も少なかったし、選挙期間中も活発な運動をしていなかったようだ。
応援するほうも万障繰り合わせて活動しているので、候補者もそれ以上の活動をして欲しいものだ。

さて、こんどは市議選だ。
まだまだ忙しい日々は続く。