同じ玄界灘

唐津城自体、最後に登ったのが20年くらい前なので、何が展示してあったかもう覚えてないですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

そうですねー、同じ玄界灘に面してますから、ここらの海岸でももちろんハングル文字の入った空き瓶とかプラスチック容器を目にします。
日本語の表示の入ったものもどこかの国に漂着して迷惑かけているんだろうなぁとそのとき思いましたねぇ…バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

県立名護屋城博物館ですが、11月下旬まで『秀吉と文禄・慶長の役』という特別展をやっていたのですが、今は下記のテーマ展をやっているようです。
特別展の時期には、バリバリ業務移行中でとても余裕がなく『節談説教』を聴きに行くのが精一杯で、車で10分足らずのところにあるにも関わらず、観にいくことが出来ませんでしたが…

名護屋城博物館は内容は結構面白いのですが、規模はそう大きくないので展示のボリュームには期待しないでくださいあせあせ(飛び散る汗)。
テーマ展 「朝鮮半島のやきもの」

ただ、漂着物は、ごみとしては迷惑なんでしょうけれど、単純に海でどこともつながっているんだなあと思うと、詩的なロマンがそそられるような気もしますよねw

コメントを残す