大ズワイガニ

そのまんまの新鮮な花咲ガニが自宅に送られたあと、さばかなければいけないので手など、怪我をすることもあるから、料理用の厚手の手袋などをはめたほうが怪我の予防になります。

鍋料理で味わえる本ズワイガニの方が、格段に甘味を持っている上に細かくて、日本ではほとんど獲れない大ズワイガニの方は淡白である身が大きくなっているので、思う存分口に入れるには向いていると言えます。

ジューシーなタラバガニを見分ける方法は、外から触った感触がこちこちのタイプや厚さが伝わってくるタイプが山盛りの身が入っていると言われるものです。いつかタイミングあった時点で、よく見てみているとよいと思います。

メスのワタリガニになると冬〜春に渡って生殖腺が活発化することで、腹の内部にたまごをストックすることになるわけです。プチプチとしたたまごも召し上がれる味がはっきりとしたメスは、すごくデリシャスです!

冬に堪能したい味覚と言えばカニでしょう!人気の北海道のとびきり旬の味をめいっぱい食べたいと想像して、通販のお店で買えるうんと安売りのタラバガニはないかと調べまくりました。

コメントを残す