大腸粘膜

子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると太くて短めの形で、またほぼ水平になっているため、様々な菌が入り込みやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎に罹りやすいのは、このためだと言われています。
下腹の激しい痛みを引き起こす主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、女性性器の疾患などの病名が挙げられるでしょう。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、辛い二日酔いに効きます。不快な二日酔いの要因と考えられているエチルアルデヒドという化学物質のクラッキングにも関係しています。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲不振、体重の減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が2週間以上続きます。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮ふに健康障害を誘引するとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を強く提案しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無効になった後に売られ、新薬と変わらない成分で金銭的な負荷が少ない(薬の価格が安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全となって些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう病状を指し示しています。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなど3つの値によって判断することができますが、近頃肝機能が衰えている人が徐々に増えているということが分かっています。
チェルノブイリ原子力発電所事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果において、体の大きな成人に比べて体の小さな子供のほうが広まった放射能の被害をよく受けることが分かるのです。
70代以上の高齢者や慢性的な疾患を持っている人などは、殊に肺炎に罹患しやすくなかなか治らないという傾向が見られるので、事前の予防や早め早めの治療が肝要です。
2005年(H17)年より新しく全てのトクホのパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなフレーズの記述が食品メーカーに義務付けられている。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の部類に入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質について、肝臓が分泌している解毒酵素の自然な生成活動をサポートしているという新たな事実関係が明らかになってきました。
基礎代謝というのは人間が何もせずにじっとしていても消費してしまうエネルギー量のことであり、大方を様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が占めているということはまだ広くは知られていません。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必要となる蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこんな体調をキープするために欠かすことができない栄養素までも減らしてしまっている。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が現れることがあるのでさほど逼迫した健康障害でないとはいえ、発作が何度も次々と起こる時は危険だといえるでしょう。