宣戦の詔勅を拝して

「隠忍久しきに弥(わた)りたるも」 このまでは日本の存立も危うくなるとして、ついに自存自衛のために立ち上がったことを述べている。

清水さんの言う「隠忍自重の末、戦争に踏み切らざるを得なかった日本、積年の憤懣の爆発」とは、まさにこの詔勅の思いそのままを述べている。 「宣戦の詔勅を拝して、泣かぬものがあったろうか」 昭和16年12月8日、多くの国民が、この開戦の詔勅をラジオで聞き涙を流した。不倫調査 東京 何人もの作家、学者がその日の思いを記している。
「私はラヂオの前で涙ぐんで、しばらく動くことができなかった。
この感動は私ひとりではあるまい。全国民が一様に受けた感銘であろう。宣戦の詔勅を拝して泣かぬものがあったろうか」 「僕はラヂオのある床屋を探した。
がて、ニュースが有る筈である。
客は僕ひとり。頬ひげをあたっていると大詔の捧読、つづいて東條首相の講話があった。涙が流れた。言葉のいらない時が来た必要ならば僕の命も捧げねばならない、一兵たりとも敵をわが国土に入れてはならぬ」 「宣戦の大詔を拝して私は凡(すべ)ての国民と同じように涙を禁ずることが出来なかった。