容易に想像ができる

現在、日本では、ニコニコ動画くらいしかそういったサービス「を行わない のが残念なところである。
日本にも司法取引制度導入が検討されているという。

原則として、検察官にのみ起訴権限が与えられている我が国においては、司法取引によって、求刑に際し、 減刑をすること、起訴を見送ることは可能ではある。
例外として、検察審査会との関係において、不当な不起訴の濫用に繋がらないかは論点であろうが、これは 今のところ、制度設計の問題であろう。
さて、司法取引が必要な場面として、容易に想像ができるのは組織犯罪である。
反社会的組織、平たく言えば、浮気調査 島根暴力団、外国のマフィア、半グレ集団である。こういった組織が資金源の一つにしているのが、麻薬だ。 麻薬が日本に来る過程を考えてみよう。
まず外国に製造元がある。製造元とバイヤーが取引して、麻薬を入手し、運び屋が何らかの手段で日本に持ちこ む。ここまでお膳立てしたのが反社会的組織なわけだ。さらに反社会的組織は何人もの仲介人を立てて、売人に配分し、売人が消費者のもとへとお届けするわけ だ。