微生物

ポリフェノールで最も有名な特長はL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロールなどとは違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果をいかんなく発揮するのです。
黴菌やウィルスなどの病気をもたらす微生物が肺へ忍び入って発症し、肺の中が炎症反応を起こした事を「肺炎」と総称しているのです。
内臓が脂肪過多になっている肥満が確認された上で、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2〜3項目に一致する事例を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と称しています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことや受動喫煙・アルコール・脂肪過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレスによって、いま日本人に多いという病気なのです。
年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさではゆっくりと聴力が低下していくものの、普通還暦過ぎくらいまでは耳の衰退をしっかりと自認できないものです。
結核の原因となる結核菌は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることによって空中に飛び散り、空中でフワフワと流されているのを別の人が呼吸の際に吸い込むことによって次々に感染していきます。
ストレスがかかり、溜まるというメカニズムや、簡単なストレスのケア方法など、ストレスというものの細かい知識を学ぼうとする人は、現時点ではさほど多くはありません。
HIV、すなわちエイズウイルスを含んだ血液や精液、母乳、腟分泌液といった様々な体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触する事で、HIVに感染する危険性が高くなってくるのです。
緊張性頭痛とは仕事や勉強などでの肩こり、首凝りによる最も一般的な頭痛で、「ギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「ズシッと重苦しいような耐え難い頭痛と言われることが多いようです。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、数日薬を飲めば、原則としてほとんどの患者さんの自覚症状は改善しますが、とはいえ食道粘膜の炎症反応自体が完全に引いたとは言い切れません。
骨を折ったことによりかなり出血した際、急に血圧が下がって眩暈や冷や汗、悪心、顔面蒼白、失神などの不快な脳貧血の症状が現れる場合もあります。
スギの木の花粉が飛散する春に、まだ小さなお子さんが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミをしたりサラサラした水っぱなが止んでくれないケースは、残念ながら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、多忙によるストレス、老化など様々な因子が合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病に罹患することになります。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みを鎮圧し、色々な覚醒現象などを支配しており、気分障害(鬱病)の方ではその働きが低下していることが判明しているのだ。
鍼灸用のハリを気になる所に刺してもらう、というフィジカルな程よい複数の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われている要は電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかという見解が広まっています。