条項が丸ごと削除

今の政府が考えている事は、おそらく憲法改正の下地作りです。
道徳の教化は、自民党が示している憲法改正草案の内容へと繋がります。

そこへリンクさせる為の教育を、子供たちへ施そうというのが真の狙いでしょう。見え透いています。
 自民党の憲法改正草案を読めば、今の政府が作り変えたい国家像は見えてきます。それは、現行憲法の第97条、「基本的人権の保障」の条項が丸ごと削除されている点によく表れています。
一言でいえば、「国民の人権を制限する国家」像です。  
現在の日本国憲法は、「在民主権の原理」に基づいたもので、この原理に反する一切の法は排除することが、前文にはっきりと記されています。その 中には、「憲法」も含まれています。つまり憲法の以前に、その原理有りという事です。ところが今の政府は、その前文を全て書き換えて、「在民主権の原理」 を文面から葬り去り、代わりに「国民への憲法尊重」を課そうとしています。天皇を「憲法尊重擁護の義務」から外し、「国家元首」へと位置付けようともして いますから、事実上の立憲君主制の復活です。