知的好奇心が強く

11歳の頃から藩で若手教育を任され、後に松下村塾を作り次世代を担う人材を育てました。

木戸孝允、伊藤博文、高杉晋作らを育てました。

○×の回答に×をつけて、尊敬していますと書いた人がいます。

偉大な人物が童貞だというのはおかしいという気持ちがそうさせたのですが、はっきりいって吉田松陰は童貞だからかっこよく、尊敬出来るのです。

吉田松陰は知的好奇心が強く、知識を仕入れて思想する事に情熱を燃やしました。

そして、自分が考え抜いた事を、未来の為に生きる若者達に伝えました。

吉田松陰が描いた自分の世界は、栄光ある日本の未来です。

アメリカの技術を学ぶ為に法を犯して密航未遂をし、辞世の句には自分に続く若者に期待する気持ちもあります。

処刑されずに明治まで生きていたら所帯を持ったかもわかりませんが、日本の未来が不安な時に暢気に所帯を持つ余裕などないのです。

吉田松陰は偉大であるから童貞なのです。