確保

そもそも福島原発事故の、技術面のみならず人的・組織的な面も含めた原因の究明すら終わっていませんので、先ずは福島事故の原因を確りと確認した 上で、

同じことが他の原発で起こらないよう、技術面・体制面双方の観点から確保出来てこそ、初めて「安全が確認出来た」と言えるものと思います。
特に懸念されるのは、人的・組織的な事故原因です。 航空機事故などで良く言われることですが、技術的に何重にも安全が確保されている中で発生する深刻な事故は、 プリウス購入所謂「ヒューマン・エラー」が引き起こすものが少なくありません。
今、原発再稼働で「安全」と宣言されているのは、基本的に原発本体における技術的側面のみであると理解していますが、それと同様に重要なのは人的・組織的な事故原因の防止です。 福島事故では、原発を規制する組織が機能していなかったこと、電力会社の現場・本社、行政組織・内閣・首相などの役割分担や権限・支持系統がクリアではないこと、などが明らかになりました。