腹痛

抗酸菌のひとつである結核菌は、保菌者が「咳」をすることによって外気や内気に放たれ、空中でフワフワ飛んでいるのを誰かが吸い込むことにより次々に感染していきます。
急に発症する急性腸炎は、大体において腹痛・悪心・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱も出るのが通例です。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても症状が現れることがあるのでさほど珍しい心臓の障害ではないといわれていますが、短い期間で発作が相次いで起きるケースは楽観視できません。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の後追い調査の結果において、成人と比較して体の小さい未成年のほうが飛んできた放射能のダメージをより受けやすいことが見て取れます。
「あまりにも忙しい」「面倒くさい様々な付き合いが嫌い」「先端テクノロジーや情報の進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスを受ける誘因は一人一人異なります。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体のなかの脂肪の溜まっている歩合のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で確認できます。
筋緊張性頭痛は肩こりや首筋のこりが誘因の肩こり頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛み」「ズシッと重苦しいような頭痛」と言い表されます。
鍼灸針を体に刺す、というフィジカルな幾多の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われる謂わば電気信号伝達を誘発するのではないかという見解が一般的です。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる効果がおそらく一番知られていると思いますが、これ以外にも肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑えることが知られています。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、両手両足がしびれたり脚のむくみなどがよく訴えられ、病状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全などを起こす可能性があるようです。
臓器である前立腺はその生育や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても深く関わっており、前立腺にできてしまったガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンによって大きくなってしまいます。
くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛び散る量に比例したように悪化の一途を辿る特性があるとわかっています。
ストレスがかかり、溜まるという経過や手軽なストレス対処法など、ストレスに関係している細かい知識を保持している方は、まだ少ないようです。
万が一婦人科の検査で現時点での卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも足りずPOF(Premature Ovarian Failure)だと判明したら、不足している分の女性ホルモンを補ってあげる処置方法で緩和することができます。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な施術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植手術」の二者の手段がしきりに用いられています。