良い状態

特に維新の会は、党が何やってんだか実績はさっぱり分からないが、看板政治家のカリスマだけで突っ走っている党だから、選挙区制よりも、比例代表制の方が断然おいしい。

みんなの党は、出発地点は新経済主義のテイストで、なかなか面白そうな党だったが、民主崩壊が決定的になって以降、民主脱出組の鞍替え先として最も多いのがみんなの党になっている。
つまりみんなの党は、現状、第二の民主党と言って良い状態になってきている。
みんなの党の中が、渡辺と江田で割れてきているのは、渡辺が中曽根派の流れで、中曽根派は元を辿れば鳩山一郎なので、鳩山家に繋がりがある。
江田は橋下龍太郎の弟子で、経世会(田中派)の流れなので、小沢一郎に繋がりがある。
つまりみんなの党の内側では、民主党の旧鳩山グループをバックに持つ渡辺と、旧小沢グループをバックに持つ江田とで派閥闘争があるということ。 右翼丸出しの維新の会と、民主崩れの隠れ左翼のみんなの党の左右両極が、共に選挙を完全比例代表にすることを狙っている。