覚醒現象

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、すなわち輪っかのような円い形状をした真っ赤な発疹や湿疹など、皮膚病の総合的な病名で、その理由はあまりにもいろいろだといえるでしょう。
H17年2月より新たにトクホ(特定保健用食品)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文章の記述が義務となっている。
5-HT神経は、自律神経を調節したり痛みの制圧、色々な覚醒現象などを操っており、気分障害(鬱病)の方はその作用が減少していることが明らかになっているのだ。
スギ花粉症などの病状(水っぱな、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが誘因で睡眠不足の状態になり、翌朝目覚めてからのすべての活動に悪い影響を与えることもあるのです。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有している精液や血液、腟分泌液や母乳などの体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分などに接触すれば、HIV感染のリスクが大きくなります。
70代以上のお年寄りや慢性的な疾患をお持ちの方などは、より肺炎に弱くなかなか治らないという特徴があるので、常日頃の予防や迅速な処置が重要なのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの研究結果により、予防効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた2週後位から約5カ月間程ということです。
薬、酒に含まれるアルコール、色々な食品の添加物などを酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒と呼び、多機能な肝臓の担う大事な務めの一つだと言えるでしょう。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もしなくても使用するエネルギー量であり、その大部分を骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3つで使っているということをご存知ですか?
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、多忙によるストレス、高齢化といった様々な因子が揃うと、インスリン分泌が減少したり、働きが鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保有しない人にも使用する事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての処置の効き目を患者に与えます。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや煙草を飲む事・アルコール・脂肪過多等の生活習慣が乱れたこと、ストレス等によって、こと日本人に多い疾患の一種です。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進する機能で知られており、血液中の濃度を操作して、筋繊維の活動を微調整したり、骨を作ったりしてくれます。
グラスファイバーで作製されたギプスは、強靭で軽量で着け心地が良い上に長期間の使用に耐えることができ、シャワーなどで濡らしてもふやけないという特長があり、いまの日本のギプスの王道だと言われています。
学校・幼稚園などの大規模な集団生活の中、花粉症の為にクラスの友達と一緒に思う存分身体を動かせないのは、子どもにとっても寂しい事でしょう。