記事タイトル

尖閣問題による影響「中国が日本製の代替品を求めることは難しい」

とりあえず記事タイトル自体は間違いじゃない。
中国が日本から輸入してるのは、中国が輸出、または国内消費するための製品を作るための原材料やその部品や製造機械」

が主だからな。
ただ、日中貿易の低下が貿易赤字の悪化ってのはほぼ飛ばし記事だ。

平成24年9月データ(貿易統計速報値)を二年前の平成22年9月と比較した場合、対中国の輸出額は約1273億円の減少となっている一方で、中 東からの輸入額が約4604億円の増加、そして、項目別に見ると天然ガスや原油などの鉱物性燃料の輸入額が約7778億円の増加となっている。

つまりこの統計の分析から推測出来るのは、日本経済という観点からすると、中国との関係悪化による輸出への悪影響の何倍もの大きなマイナスが「脱原発」によりのしかかってしまっているという事実。

つまり、 貿易悪化の原因は中共より反原発派の環境思想テロリスト達が原因てこと。
(だから、わたしが反原発派を売国奴って言ってるのはその為)

中国が日本を滅ぼせないのは心根がチキンである以上に、根幹的な部分を日本に依存してるからで、反原発派(ここでは売国奴のこと)がこの国を滅ぼすってのは、それを賞賛してる政治家や政党をみれば判るだろ?

コメントを残す