調べてくれた結果

ここまで酷い報道が繰り返されると、流石に管轄省庁には査察に入って、会社としてのガバナンスや記事の検証体制をチェックすべきではないか、とすら感じます。

一般企業であれば、第三者検証(or調査)委員会が設置されて、弁護士を含む社外の目で事実確認を行い、問題点を明確にし、再発防止策等が立てられるのですが、そういうやり方があることを知らないのでしょう。朝日新聞に限らずマスコミは他者に厳しく自らに甘いのが常ですよね。
そもそも1日とはいえ復旧したということは、ハードディスク本体ではなく、もっと末端部分の故障が疑われた為、知り合いに紹介して貰って、重慶で最も有名な電気街である石橋浦へ。 教えて貰った電気屋さん、最初は精密機械であるハードディスクをそんな扱いで良いの?とちょっと心配になるくらいの対応でしたが、30分ほど色々 と調べてくれた結果、結局、220V電源に接続したことでアダプターがダメになっており、本来の電源から電気を供給できなかった為にハードディスクが USBから電気を取ろうとしてPC側が接続を自動シャットダウンしたものであることが判明しました。