運動

インフルエンザ(流行性感冒)に対応している予防方法や手当を含めた基本の措置自体は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても変わらないのです。
塩分や脂肪分の摂り過ぎを控えて簡単な運動を心がけるだけでなく、ストレスを溜めすぎないような日常生活を心がけることが狭心症を誘引する動脈硬化を防ぐ知恵です。
ハーバード・メディカルスクールの研究結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上デカフェのコーヒーを飲用することで、直腸ガン発症する確率を半分以上も減少させたという。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質について、肝臓から分泌される解毒酵素自体の産出を支えているのではないかという新たな事実が明らかになってきました。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、杉や檜、ブタクサなどの草木の花粉が元凶となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を示す病気だということは、今や常識となりました。
高血圧(hypertension)が長い間継続すると、全身の血管に重い負担がのしかかり、頭頂からつま先まで色んな血管に障害が発生して、合併症を併発するパーセンテージが大きくなります。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする効果を持つナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて有効です。不快な宿酔の元凶物質といわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも力を発揮しています。
学校等の大勢での集団生活の中、花粉症の症状が主因で友達と同じようにしてパワー全開で運動できないのは、本人にとっても残念な事でしょう。
めまいが起こらず、強い耳鳴りと難聴の症状を幾度も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断することもあるそうです。
グラスファイバー製ギプスは、大変強靭で軽量で耐久性に優れており、水に濡れても壊れずに使用できるという長所があるため、今のギプスの第一選択肢と言われています。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)や股間、お尻などの部位にうつってしまい、棲みついた病気のことで水虫のことなのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に欠かせない色々な酵素や、細胞・組織の再生に関わる酵素など、約200種類以上ある酵素の構築要素としてなくてはならないミネラル分です。
吐血と喀血は両方とも口から血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を繋ぐ気道(呼吸器のひとつ)から出血することで、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部の消化管からの出血のことを表しています。
メタボリックシンドロームであるとは断言されていなくても、臓器の脂肪が多く溜まりやすい性質のよくない体重過多を抱えてしまう事によって、辛い生活習慣病を発症する可能性が高まります。
耳鳴りは分類することができて、当事者しか感じないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者以外にも高性能のマイクロホンなどを使用してみると感じる点が特徴の「他覚的耳鳴り」があります。