選んだ職場

【知っておきたい】成長中の業界の企業には、いわゆるビジネスチャンスがとてもたくさんあるから、新規に事業を始めるチャンスもあれば、子会社を設立したり新しい事業やチームをまかされるなどの責任者にさせてもらえる可能性が高くなる。

就職したのに、選んだ職場を「こんな職場のはずではなかった」、「やっぱり辞めたい」などということを思ってしまう人は、いつでもどこにでもいるのだ。
「自分の持つ能力をこの職場なら有効に利用することができる(会社に功労できる)」、それによって先方の会社を入りたいのだというようなことも一つには大事な要因です。

やっぱり人事担当者は採用を希望している人の実際の才能を読み取り、、「自社に必要で、そして活躍してくれそうな人物かどうか」を気を抜かずに見定めようとするのだ。そう思っています。

話を聞いている面接官が自分の今の言いたいことを誤解なく理解してくれているかどうかということを見ながら、的確な「トーク」ができるようになったら、採用への道も開けてくるのではないのだろうか。