都議会議員

どうします?一言で済ませますか?

したら「おっせぇよ。もう手遅れだよ」でおしまいですがね。冗談はさておいて、この問題は不必要に拡大化させておいて今 更解決に大きく前進しました。件の発言をした議員は自民党会派(会派離脱)の鈴木章浩東京都議会議員です。

本人はまぁ20日の段階ではしらばっくれていた そうですが、この状態になって名乗り出てきました。そして本人塩村東京都議会議員に直接発言の謝罪をしました。鈴木都議の問題はこれでおしまいですね。あ とは議会による処分がされるのかも議会が決めるでしょう。塩村東京都議会議員が無駄な事をするのかしないのかに注目されますね。

ここで余計な事をしないで 終わらせれば本人のためになるでしょうが、そうでなかった場合、馬鹿を除いてついてくるものはいなくなるでしょう。  もう一つ残っているのが、鈴木都議が発言したのとは別の発言の犯人が残っているという事ですね。要は追撃した他の議員がまだ割れてないという訳 です。

もしかしたら明日あたりまた出てくるかもしれませんがね。まぁそうして頂かなければ、このどうでもいいただの面白い事件が解決しませんのでね。さっ さと馬鹿な発言をした輩は名乗り出てきてしっかりとオトシマエつけて頂きたい。

あとここからは妄想の域を出ないものなのですが、もしかしたら鈴木都議はそんな発言していなくて、違う議員の身代わりになったとかそういう感じが しませんかね。大物都議が発言していて、その都議を守るために身代わりになったとか。そういう邪推をしています。ないとは言えないでしょう?

関係ないのがでしゃばってくる 二日間繰り返し書いていますが、私はこの野次をした議員はしっかり処分してオトシマエつけるべきだと思っています。それは間違いないです。しかしながら、 この問題はやっぱりカードの出し方が下手だなと思いますね。品性下劣な野次が問題なのに、最早セクハラにすげ替えられているでしょう。というか最初から問 題点間違った状態になっているでしょう。そしてこの広がりよう。