首のこり

「肝機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等の値によって確認できますが、ここ数年肝機能が減衰している人の数が増加しているということが判明しています。
必須栄養を万遍なく含んだ食生活や適切な運動はもちろんですが、肉体や精神の健康や美のために、食事とは別に色々な成分のサプリメントを服用する行為が珍しくなくなりました。
緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首のこりが因子の患者数が多い慢性頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらないような鈍い痛み」と言い表されています。
環状紅斑というのは環状、所謂円い形状の真紅色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚症状の総合的な名前ですが、その誘因は誠に様々なのです。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーの原因である花粉の飛んでいる量に追従するかのように深刻になってしまうという特性があるようです。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究によって、ワクチンの予防効果が見込まれるのは、注射した2週間後からおよそ150日ほどと考えられているのです。
うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の危険な症状が出現します。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国も同じですが、BMI値の位置づけは国家によって違いがあって、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義付けています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4〜5日くらいきちんと服薬すれば、大体、9割近くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が快癒したとは言い切れないので気を付けましょう。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない様々な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に関係している酵素など、200種類以上ある酵素の構成物質として絶対なくてはならないミネラルの一種なのです。
下腹部の疼痛が主訴となる主な疾患には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名がみられるようです。
物を食べる時は、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れたら何度か咀嚼して嚥下して終わりだが、それから人体は本当によく動き続けて異物を身体に取り込むよう励んでいる。
大抵は骨折に至らない程度の僅かな圧力でも、骨の限られた個所だけに複数回繰り返し切れ目なく力が加わることで、骨折が生じることがあるようです。
普通は水虫といえばまず足を想像し、ことさら足指の間にみられる皮膚病だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足だけではないので、体のありとあらゆる部位に感染する恐れがあるので気を付けましょう。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、皮膚に良くない影響をもたらすことになります。